看護師 夜勤専従

看護師の夜勤専従ってどう?

転職するナースが知っておかなければならない事

看護師の夜勤専従ってどう?

 

夜勤専従のメリットは、給与が高いことですね。2交代制、3交代制ありますが、夜勤専従は2交代制の職場は、多く存在しています。

 

 

看護師の夜勤の現状は?
  1. 72時間ルールによる夜勤スタッフ不足

 

夜勤は体の負担があることから2交代の場合月4回までしかできませんので、夜勤は看護師が不足している現状があります。

 

 

 

一般病院で1勤務の給与の相場が2交代制の場合、1回の夜勤で3万円前後です。日勤で稼ごうとすると3〜4日8時間働かないと稼ぐことはできません。これほど夜勤専従勤務は、短時間で効率的に稼ぐことができます。

 

 

 

 

 

看護師 夜勤専従常勤?非常勤

 

看護師の夜勤専従の募集には、常勤と非常勤があります。応募する前にしっかりと確認をしておきましょう。長期的に働くなら常勤のほうが安定した収入となりますがそれだけ縛りがあります。

 

 

 

自由な時間をとお考えの方は、非常勤やパートのほうが融通が利ききます。間違わないように注意したい点ですね。

 

 

 

看護師の夜勤専従のメリットは?

 

  • 時給が高い
  • 通勤ラッシュを避けることができる
  • 少し遠くの大都市へ通勤することができる
  • プライベートな時間を増やすことができる
  • 夜勤だけなためシフト制よりも生活リズムが安定できる

 

 

 

 

通勤時間帯の違いの魅力

 

看護師の夜勤専従は、稼ぐことに注目がされていますが、夜勤だけのことにより、その他にもメリットがあります。例えば、大都市であれば、通勤ラッシュがあります。通勤ラッシュだけもで疲れますね。

 

 

 

電車で通勤する場合、込み合う人込みの中で、立ったまま30分も40分も人によっても1時間も電車に乗っているわけですが、夜勤専従ならほぼ座って電車で通えるだけでも随分楽ですね。遠方から大都市へ通うことも可能になります。

 

 

 

座って通えることができれば、行き帰りの電車の中で、寝ることもでき通勤に抵抗がなくなると思います。車で通うなら渋滞も避けられストレスなく通えることができます。

 

 

 

 

 

プライベートな時間を増やすことができる

 

看護師の夜勤専従は、子育てのために時間が欲しいという方だけでなく、趣味の時間が欲しいという方にも魅力があります。

 

 

例えば、2交代制の場合、夜勤は1回16時間前後月10回の夜勤に入ったとしたら、1ヶ月10日が休みになります。平日も含め10日休みがあれば、平日にマリンスポーツを楽しむ、ゴルフを楽しむ、など趣味の時間とすることも可能になります。

 

 

 

 

シフト制よりも生活リズムが安定できる

 

看護師の夜勤専従は、シフト制での勤務よりは、生活のリズムが安定するメリットがあります。日勤があったり、夜勤があったりとなると体力的に厳しくなります。しかし夜勤専従なら夜勤だけですので、シフト制と比べれば、厳しくないと思われます。

 

 

ただ、夜勤が長くなってくると日勤の勤務が恋しくなると思います。そいう経験をしておくと、後々、日勤の仕事がありがたく思うことができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

看護師の夜勤専従の年収は?

 

  • 夜勤専従の看護師の年収は、約480万前後

 

看護師の夜勤専従の常勤の場合は、都市部・地方圏などのエリア差や、勤務先の規模、病院と施設などの差はありますし、これまでの経験も考慮されて決まります。

 

 

パートやアルバイトの場合は1回の夜勤で日給が約2〜4万円時給では1200〜2000円ほどとなっています。

 

 

 

 

看護師の夜勤専の 回数は?

 

看護師の夜勤専従の常勤の場合、縛りはあり2交代制なら10回前後、3交代制なら20以上とになると思われます(病院によって違います)。非常勤やパートなら月2回からの募集はあるようです。

 

 

 

 

夜勤専従の看護師の勤務時間

 

  • 2交代制勤務:18時〜翌日9時
  • 3交代制勤務・準夜勤:16時〜翌日0時半
  • 3交代制勤務・深夜勤:18時〜翌日9時

*時間については病院によっても異なりますので事前に確認をしてください。

 

 

 

 

回数については、病院によっても条件が違ってきますし、事前に交渉することもできる場合があります。例えば、今月は20回ほどとか15回ほどとか交渉が可能な場合があります。事前に確認をしておきましょう。

 

 

 

病院によっては、駄目な日時を月ごとに聞かれる場合などもあります。最初に適当に勤務を入れて大丈夫ですなどと言うと、連続勤務数が多くなり厳しくなることもありますので、適当なことは言わないことも大切です。

 

(*忙しい病院では、勝手に勤務が入れられてしまいます。)

 

 

 

 

看護師の夜勤専従のデメリットは

 

夜勤専従を募集している職場では看護師不足が深刻になっています。そのため職場の仕事がハードになります。ハードな職場ほど高い給与となっています。

 

 

 

 

ハードな職場では看護師のストレスもあり、さらに少ないスタッフで行なっていますので、
人間関係がでます。特に、人間関係が悪い職場では、働きにくいため大変な状況です。

 

 

 

 

夜勤専従は日勤をしていない分、他の看護師との信頼関係ができるまで時間が掛かります。そのため分からない事、相談したい事があっても聞ける相手がいないということもありストレスとなります。

 

 

 

 

給与が高いからということだけでなく、職場の雰囲気なども判断の一つにしたいですね。

看護師の夜勤専従の求人は?

看護師の夜勤専従の求人は、看護師求人サイトに多くあります。また担当のコンサルタントの交渉によっても可能になる場合もあります。求人数が豊富な大手の看護師求人サイトへ登録をし、担当コンサルタントに希望や要望を伝えることで得ることです。

 

 

 

 

少し難しいかなと思う場合にも、思い切って担当者に希望を伝えてみましょう。無理なら無理とはっきりしますし、もしかすると希望する求人が見つかるかもしれません。

 

 

 

担当のコンサルタントは、その地域での看護師の夜勤専従求人の状況はよく知っています。また非公開求人となっていることもあります。大手の看護師求人サイトなら医療機関とのネットワークもあり、いち早く求人情報が入ってくるのでおすすめです。

 

 

 

 

*登録後に担当者から電話連絡があると思いますので、電話が欲しくない方は登録しないことをおすすめします。

おすすめナース転職サイト


ナース人材バンク



非公開求人が豊富で、全国どこでも良い条件の求人を見つけることができます。ナースが転職利用することが多いことが特徴です。
全国で利用者は年間で約8万人の実績があります。17ヶ所の拠点から地域に根ざした活動から質の高い求人を得ることで良い転職が可能となっています。


求人数 対応エリア 評価
約210,000件以上 全国 看護師,夜勤専従



看護のお仕事

看護のお仕事は、業界トップクラスのナースの転職サイトです。サービスがスタート開始してから長くはないものの後発組だからこその徹底した丁寧な対応が高く評価をされています。
もちろん求人数は豊富で、非公開求人の条件の良い求人も多いのですが、担当者の対応が親身になってナースの立場からの対応をしてくれることが特徴です。転職の相談に載って欲しいという方にはオススメしたい会社の一つです。

求人数 対応エリア 評価
約140,000件以上 全国 看護師,夜勤専従



ナースパワー人材センター

全国に10拠点を有し、この拠点から地域に根ざした活動を展開し、10万人が利用する信頼・と実績のある看護婦求人サイトです。
担当者は、看護婦の立場になって丁寧な対応をしてくれ、転職の相談にものってくれます。ナースパワー人材センターは看護婦の職業紹介業としては、最も歴史のある会社です。


求人数 対応エリア 評価
約38,000件以上 全国 看護師,夜勤専従



さらにランキングをチェックしたい方は

>>>ナース転職サイトランキングはこちらから<<<






ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 人気NOサイトは ナース転職サイトランキング 看護師の転職成功は