看護師 転職 理由

看護師の転職理由?

転職するナースが知っておかなければならない事

看護師の転職理由?

メニュー

 

看護師は他の仕事について離職率が高い職業であるといわれています。

 

 

その背景には、看護師が比較的転職しやすい
職種であることも影響しているのでしょう。

 

 

 

慢性的な看護師不足が続いている医療社会では、一度辞めても
また看護師として働くことのできる仕事の一つであるといえます。

 

 

 

 

 

スキルアップを目指しての転職というケース

 

自分の希望した分野での配属がかなったとしても、同じことのくりかえしの仕事に
物足りなく感じる看護師もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

そのような方が例えば総合病院などへ転職することにより、
看護師としてさらなる経験を積み、新しい看護技術を学ぶことを求めるのです。

 

 

 

自分の日常の生活環境の変化

 

 

  • 結婚を機に退職
  • 配偶者の転勤
  • 親の介護

 

 

結婚や出産などで、家庭での生活が多忙になった看護師が、仕事を辞めるのではなく、
看護師の資格を活かして働き続けたいと考えるときに、

 

転職することで、家庭への負担を減らすことができます。

 

 

 

病棟勤務の看護師であれば、外来などへの転職により、特に夜勤をなくすことができます。
また、残業の少ないクリニックなどへの転職によって子育ての時間を確保できます。

 

 

 

さらに体調不調により、少し体の負担の少ない診療科への転職を行うことも少なくありません。
また、勤務環境の変化を求めて、新しい職場を探す看護師もたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

その他の理由

 

 

  • 看護観の違い
  • 人間関係やいじめ
  • 忙しいこと(休日や残業を避けたい)

 

 

 

転職の理由はそれぞれですが、
その事情に応じた勤務先を見つけたいことでしょう。

 

 

 

ただ、転職理由によっては、
内定を勝ち取ることが難しくなる場合があることを理解しておくべきです。

 

 

 

応募先へは、正直に答えるほうがいいのですが、言い方次第で悪い印象になり、
不採用ということもありますので伝え方をよく考えることも必要になります。

 

 

 

▲画面のTOPへ

看護師の転職理由の表現の仕方によって?

 

 

転職理由の伝え方は非常に重要です。

 

例えば、「結婚を機に退職をしました」と回答するだけよりは、
結婚後に時間を短縮してなら働けるようになったでので・・・。

 

 

と一言伝えるだけで印象が全然違ってくるものです。

 

 

 

 

スキルアップしたい場合であれば、
「自分の希望した分野での配属でなかったので転職を。」

 

と答えることになると思いますが、

もう一言なぜ前の職場ではそれが実現できなかったかを伝えることです。

 

 

 

 

親の介護や子育ての場合には、「日勤なら働けます」と答えるだけではなく

 

「昼間は兄、弟夫婦が来てくれるので・・・」、
子育てなら「実家に預けられるので」とか「託児所へ預けられる・・」

 

などと一言加えることで印象が違ってきます。

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

転職理由で避けたいこと?

 

転職理由で避けたいことは、
マイナスの表現、理由そのものが駄目なこともあります。

 

 

マイナスの表現

 

例えば、前の職場では、上司がひどかった。・・・とか
前の職場は、人間関係はひどかった。・・・とか

 

そのかにも不平・不満があり、そのことを正直にそのまま伝えてしまえば、それで終わります。

 

 

 

つまり、本音を正直に伝えないようにすべきなのです。

 

 

 

例えば、もっと成長できるような上司の元で働きたい、とか
もっと質の良い仕事を行なえる職場で働きたい。・・などと言いかえるようにすべきです。

 

 

 

転職理由そのものが問題のこともあります

 

人間関係でいじめを何とかしたい場合や、
今の職場よりも良い条件で転職するなどの理由そのものを考えなければならないことがあります。

 

 

 

 

人間関係のいじめ

 

人間関係のいじめについては、いじめになる原因の解決を考える必要があります。

 

 

その理由は、転職しても同じことになる可能性があります。

 

 

 

 

若手の看護師に多いのが、仕事ができない理由からいじめになることが少なくないようです。
仕事ができるようになれば、周囲から信頼され、一目置かれることにもなります。

 

 

 

仕事ができないと、
「あの子ダメだよ。〇〇というケースで〇〇ということもできないのよ。信じられない」などと
陰口を言われ、駄目な子とレッテルを張られてしまいます。

 

 

 

そしてあの子と仕事をしたくないと思われ、それがいじめにつながったりします。
根本を解決をすることが必要になります。

 

 

 

何となく条件がよさそうだから?

 

当然、良い条件だから転職をするということは悪くはありません。
また、今の職場よりは、良い職場そうだから転職する、

 

 

 

今の職場には不満はないけれど、満足をしていないから転職をする。

 

 

 

 

こいう方の場合は、転職する動機が弱いので、
もっと転職する目的や理由を考えることがおすすめです。

 

 

 

転職する動機が弱いと、また転職となってしまう可能性があります。

 

 

 

頑張らなければならない理由がある場合はあてはまりませんが
将来の目標やキャリアのことを考えた転職を行なうことがベストです。

 

 

 

 

その他にも、転職の理由によっては考えなければならいこともあると思いますが、

おすすめは看護師求人サイトを利用し、転職の相談を乗ってもらうことです。

 

 

 

担当者は転職のプロで、さまざまな理由の方の転職のサポートの経験があります。
また、採用されるための転職理由についてもアドバイスをしてくれます。

 

▲画面のTOPへ

おすすめナース転職サイト


ナース人材バンク



非公開求人が豊富で、全国どこでも良い条件の求人を見つけることができます。ナースが転職利用することが多いことが特徴です。
全国で利用者は年間で約8万人の実績があります。17ヶ所の拠点から地域に根ざした活動から質の高い求人を得ることで良い転職が可能となっています。


求人数 対応エリア 評価
約210,000件以上 全国 看護師,転職,理由



看護のお仕事

看護のお仕事は、業界トップクラスのナースの転職サイトです。サービスがスタート開始してから長くはないものの後発組だからこその徹底した丁寧な対応が高く評価をされています。
もちろん求人数は豊富で、非公開求人の条件の良い求人も多いのですが、担当者の対応が親身になってナースの立場からの対応をしてくれることが特徴です。転職の相談に載って欲しいという方にはオススメしたい会社の一つです。

求人数 対応エリア 評価
約140,000件以上 全国 看護師,転職,理由



ナースパワー人材センター

全国に10拠点を有し、この拠点から地域に根ざした活動を展開し、10万人が利用する信頼・と実績のある看護婦求人サイトです。
担当者は、看護婦の立場になって丁寧な対応をしてくれ、転職の相談にものってくれます。ナースパワー人材センターは看護婦の職業紹介業としては、最も歴史のある会社です。


求人数 対応エリア 評価
約38,000件以上 全国 看護師,転職,理由



さらにランキングをチェックしたい方は

>>>ナース転職サイトランキングはこちらから<<<






ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 人気NOサイトは ナース転職サイトランキング 看護師の転職成功は