看護師 キャリアップ

看護師がキャリアップしたい

転職するナースが知っておかなければならない事

看護師のキャリアアップをしたいなら

メニュー

 

 

 

看護師のキャリアアップには、「進学」と「資格取得」、

 

「今までの経験を生かし専門的な仕事、大きな仕事」になると思います。

 

 

 

具体的なキャリアアップには

 

 

認定看護師・専門看護師の資格取得

 

認定看護師
手術看護認定看護師、糖尿病看護認定看護師、集中ケア認定看護師、

 

がん性疼痛看護認定看護師、不妊症看護認定看護師、

 

慢性心不全看護認定看護師、訪問看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、

 

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、乳がん看護認定看護師、

 

認知症看護認定看護師、感染管理認定看護師、摂食・嚥下障害看護認定看護師

 

がん放射線療法看護認定看護師、慢性呼吸器疾患看護認定看護師

 

小児救急看護認定看護師、新生児集中ケア認定看護師

 

緩和ケア認定看護師、救急看護認定看護師、がん化学療法看護認定看護師

 

 

専門看護師
精神看護専門看護師、地域看護専門看護師、小児看護専門看護師

 

感染症看護専門看護師、家族支援専門看護師、がん看護専門看護師

 

在宅看護専門看護師、老人看護専門看護師、母性看護専門看護師

 

慢性疾患看護専門看護師、急性・重症患者看護専門看護師

 

 

スキルアップの看護師の資格

 

臨床検査技師、ケアマネージャー、救急救命士、管理栄養士、保育士

 

治験コーディネーター(CRC)、内視鏡技師、臨床工学技師

 

認定行動療法士、養護教諭、認定心理士、交流分析士

 

ヘルスカウンセラー、介護予防指導士、ケアカウンセラー

 

手話通訳士、言語聴覚士、家族相談士、体外受精コーディネーター

 

精神保健福祉士、精神対話士、性暴力被害者支援看護職

 

認定看護管理者、透析技術認定士、認知症ケア専門士

 

視能訓練士、JPTEC、3学会合同呼吸療法認定士

 

体外循環技術認定士、思春期保健相談士、医療福祉環境アドバイザー

 

抗加齢指導士、BLSヘルスケアプロバイダー、NR・サプリメントアドバイザー

 

インターベンションエキスパートナース、滅菌技師、日本糖尿病療養指導士(CDEJ)

 

血管診療技師、IFA認定アロマセラピスト、福祉住環境コーディネーター

 

透析療法指導看護師、第1・2種ME技術実力検定試験、

 

栄養サポートチーム専門療法士、色彩検定、フットケア指導士

 

インテリアコーディネーター、チャイルドケア、チャイルドコーチング

 

チャイルドマインダー、ベビーシッター、マタニティビクス認定インストラクター

 

メンタルケア心理士、医療メディエーター、医療環境管理士

 

衛生管理者、運動器リハビリテーションセラピスト、運動器看護師

 

栄養情報担当者、介護福祉士、患者急変対応コース for Nurses

 

眼科診療アシスタント、健診食生活改善指導士、作業療法士(OT)

 

理学療法士(PT)、産業カウンセラー、児童福祉士

 

循環器専門ナース、心臓リハビリテーション指導士、心理カウンセラー(相談員)

 

精神科認定看護師、登録産業看護師、福祉レクリエーションワーカー、臨床心理士

 

 

大学・大学院への進学

保健師・助産師の国家試験受験資格

 

 

開業

需要が高まる訪問看護ステーションの開業など専門知識を生かした仕事

 

 

海外留学

海外に留学し、その国の医療現場で看護師として働く、という方法

 

 

 

このようなことが一般的に言われているキャリアアップですが、

 

ただこれだけを考えては視野が狭い思考で考えることになります。

 

もっと大きく考えるべきです。

 

 

 

人生として捉え、やりがい、仕事の充実感、

 

人としての幸福について考えて道を選ぶことも大切になります。

 

 

 

 

看護師の場合には、結婚、子育てというライフステージもあり、

 

多くの看護師は、一度仕事から離れるということになることと思います。

 

 

 

 

また看護師の仕事は責任も大きく、プレッシャーやストレスも多く、

 

体調不良で辞めてしまう方も少なくないのです。

 

 

 

 

高い目標を持ち、頑張ったとしても、辞めることとなっては意味がありません。

 

看護師のキャリアアップができたとしても、結婚が難しくなっても人生としては幸福ではないでしょう。

 

 

▲画面のTOPへ

ワークライフバランス考える

 

「ワーク・ライフ・バランス」という言葉をご存じでしょうか。

 

 

最近、さまざまな業界で聞かれるようになっている「ワーク・ライフ・バランス」とは、

 

文字通り、仕事と日常生活との両立を意味します。

 

 

 

日常生活が充実していないと、仕事をしてお金を稼ぐ意味がなくなってしまうのです。

 

 

 

 

看護師業界でも、看護協会がワーク・ライフ・バランスの実現を提唱するなど、

 

職場での定着促進を図っています。

 

 

 

 

生活に支障があることも?

 

現実には、看護師の仕事では日常生活に支障をきたしているケースも少なくありません。

 

 

そこで、今、看護師の働き方を多様化しようとする動きが広まっています。

 

 

 

 

日本では、看護師の資格を持ちながら仕事をしていない潜在看護師が、

 

有資格者の3分の1も存在しているといわれています。

 

 

 

 

いろいろな理由で退職したものの仕事と生活の両立が難しく、

 

再就職できない看護師の方が多いのです。

 

 

 

 

これらの看護師を呼び戻そうとする動きが盛んになってきています。

 

 

 

 

看護師の働き方の多様化

 

勤務時間や夜勤の有無などの働き方の多様化により、ワーク・ライフ・バランスを考えた

 

「働き方の選択肢」が増えてきているのです。

 

 

 

安心して仕事ができる、というのが理想的なのです。

 

 

 

最近では、求人内容にも多様化が進んできており、

 

いろいろな働き方を選択することができます。

 

このような状況にあるのが看護師の仕事です。また幅広くなってきていることも確かです。

 

 

 

キャリアアップと、自分の幸福になるための生活についても考えるべきです。

▲画面のTOPへ

看護師がよりやりがいを持って働くことを考えてみる

 

 

 

 

看護師の仕事でやりがいを持って働きたいと考えている人は、とても多くいます。

 

しかし、実際に仕事ではなかなか発揮できない人も多いのが現状です。

 

 

 

そういう場合、転職を検討してみることをおすすめします。

 

 

 

 

しかし、転職をする前にどのような環境であればやりがいを

 

感じることができる仕事ができるのか、考えておく必要があるのです。

 

 

 

 

 

職場の雰囲気を第一に考えるのか、それとも患者さんにもっと寄り添った仕事がしたいのか、

 

仕事内容で何を仕事に望むのかを明確にしましょう。

 

 

 

 

 

もし、これが明確でないと、仕事を変えても、また同じことで悩む可能性があります。

 

そのためにも、できるだけ早い段階で検討してみてください。

 

 

 

 

 

もう少し具体的に述べると、どのような時に不満やストレスを感じて、

 

どのような時に喜びや達成感を感じることができるのか、意識してみてください。

 

 

 

 

 

これを意識してみることで、自分が望んでいる仕事の条件を明確にすることができます。

 

 

 

 

 

人によっては、よりたくさんの人と関わることがやりがいになるかもしれませんし、

 

より責任のある仕事を行うことが合っているかもしれません。

 

 

 

 

 

これは、個人差があり、すべての人が同じではないので、自分の意見を尊重しましょう。

 

そうすることで自分にあった職場の規模や勤務形態が分かります。

 

 

 

 

大きな病院で働きたいと思うかもしれませんし、小さなクリニックで働きたいと思うかもしれません。

 

どちらにしても、あなたが望んでいることを選ぶことができれば、より充実した仕事を行えます。

 

▲画面のTOPへ

 

看護師キャリアアップの悩みは

 

看護師のキャリアアップは、さまざまなことのことがあり、

 

簡単には解決しないという方もいっらしゃいます。

 

 

 

看護師としての在り方や人生全般のことも考える必要があります。

 

家族のことや、収入面ライフスタイルのことや、仕事の適正、自分の性格まで考る必要があります。

 

 

 

 

仕事の中で、優位な立場で仕事をしたいと仕事に強い執着があるのであれば、

 

その道を貫くこともいいと思いますが、

 

 

プライベートは?

 

ライフスタイルは?

 

家庭は?

 

 

 

 

それともプライベート優先?

 

反対に、看護師としてそれほど、高い目標を持っているわけではないのですが、

 

収入面、看護師として責任を全うした生き方をしたい。

 

素敵な家族を持って、家庭と仕事の両立をして生きたい。

 

 

 

 

 

または、本当に自分に向いている職場は?よくわかっていない。

 

 

 

子育てにも、力を入れたいが今の仕事では、無理がある・・・・。

 

 

 

 

さまざまな悩みがあると思います。ある程度、自己啓発をして、視野を広げていると思います。

 

 

しかし、自分だけで考えても答えが今一つということも多いと思います。

 

 

 

 

誰かに相談しても

 

考えれば考えるほと、答えが出なかったり、誰かに相談をしても、

 

ありきたりの返答だったりします。

 

そして仕事が忙しいため、そのままほっといてしまう・・・・。

 

その後、どうしたいいのか自分でも納得できない・・と。

 

 

 

 

 

悩みを抱えながらの着眼点では、

 

答えにはほど遠いことになる可能性は高いと思います。

 

 

着眼点を変えるには、専門化に相談することが必要になります。

 

 

 

 

おすすめなのが、看護師求人サイト担当者へ転職相談です。

 

 

 

転職が視野にありキャリア悩みがある方には、おすすめしたいですね。

 

 

 

もちろん全員が全員満足する答えが得られることはないのですが、

 

第三者から質問をされることにより、

 

頭の中で整理ができ、自分は本当は、何を望んでいるのか、

 

優先すべきことは何かなど、気づくことが少なくないのです。

 

 

 

ご存じかと思いますが、私たちは、潜在意識に、大量な情報が盛り込まれていて、

 

気づいていない感情も多いのです。

 

 

 

 

そのため一人で考えていると、隠れた感情に気づけないものです。

 

しかし、第3者からの質問がそれを引き出すことに有効なのです。

 

 

 

 

 

第三者から客観的に、考えて適性な提案は、こいう仕事だったら合うと感じることもあります。

 

自分では考えたことのない仕事ということもあります。ある意味面白いと思います。

 

 

 

転職に役立つかどうかは別にして、今まで考えたことがない考え方だったりすることもあります。

 

 

 

看護師求人サイト担当者へ相談したら

 

必ず転職しなければならないということはなく、

 

結果的に転職を選択することがあるということなのです。

 

 

ただ、全く転職の意思がない方は、利用しないでください。

 

 

▲画面のTOPへ

おすすめナース転職サイト


ナース人材バンク



非公開求人が豊富で、全国どこでも良い条件の求人を見つけることができます。ナースが転職利用することが多いことが特徴です。
全国で利用者は年間で約8万人の実績があります。17ヶ所の拠点から地域に根ざした活動から質の高い求人を得ることで良い転職が可能となっています。


求人数 対応エリア 評価
約210,000件以上 全国 看護師,キャリアップ



看護のお仕事

看護のお仕事は、業界トップクラスのナースの転職サイトです。サービスがスタート開始してから長くはないものの後発組だからこその徹底した丁寧な対応が高く評価をされています。
もちろん求人数は豊富で、非公開求人の条件の良い求人も多いのですが、担当者の対応が親身になってナースの立場からの対応をしてくれることが特徴です。転職の相談に載って欲しいという方にはオススメしたい会社の一つです。

求人数 対応エリア 評価
約140,000件以上 全国 看護師,キャリアップ



ナースパワー人材センター

全国に10拠点を有し、この拠点から地域に根ざした活動を展開し、10万人が利用する信頼・と実績のある看護婦求人サイトです。
担当者は、看護婦の立場になって丁寧な対応をしてくれ、転職の相談にものってくれます。ナースパワー人材センターは看護婦の職業紹介業としては、最も歴史のある会社です。


求人数 対応エリア 評価
約38,000件以上 全国 看護師,キャリアップ



さらにランキングをチェックしたい方は

>>>ナース転職サイトランキングはこちらから<<<






ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 人気NOサイトは ナース転職サイトランキング 看護師の転職成功は