看護師 転職 回数

看護師の転職の回数は?

転職するナースが知っておかなければならない事

看護師の転職の回数は?

メニュー

 

看護師の転職回数とリスク

 

 

 

看護師はどれくらい転職回数があるの?

 

 

ナースフルが行った首都圏・現役の看護師を対象にしてアンケート調査結果

ナースフルはこちら>>>

 

 

 

この調査結果を見ると、一か所に勤め続けている看護師が23.9%となっています。つまり、約4人中1人がずっと勤めていることになります。

 

 

 

その意味では、転職をすることは、一般的になっているということが伺えます。

 

 

 

ただアンケート結果により、4ケ所以上の職場の経験がある看護師が約30%になっています。つまり看護師と転職は切っても切れない関係にあると言えます。

 

 

これから転職を考える看護師は、3回〜4回程度の転職回数であれば、問題はないということです。それだけ多くの方がより満足いく環境へ求めて転職をしていると言えます。

 

 

 

 

看護師の転職回数と転職のリスク

 

 

 

 

看護師が転職回数が多くなれば、採用されずらくなり、不利になっていきますね。しかし、看護師の転職は他の業種より盛んになっていることは事実です。

 

 

 

 

 

働き方や給料等の条件など条件にこだわらなければ、仕事に就くことは可能とは思いますが、なるべく良い職場、良い給料など好条件で働きたいものです。そのためには転職回数を増やさないことです。

 

 

 

 

 

そのためにも転職回数は、少なくないことが大切になります。ただ結婚後に子育てなどで常勤として働けないという場合は、働けない理由がありますので気にすることはありませんが、その他での転職は慎重に考えるべきです。

 

 

 

 

看護師の転職理由は、さまざまあると思いますが、あまりに正直すぎて、マイナスの印象を与えてしまうような言い方は避けたいものです。

 

 

 

 

例えば、不満があったから転職を決めましたということでは採用されなくなってしまいます。そうだったしても今後のことを考えて○○という経験をしたくて転職を決めました。などの前向きな理由にすべきです。

 

 

 

 

 

看護師を採用する側としては
  • 転職理由によっては採用する
  • 経験やスキルが高ければ採用する
  • 3年以上は、同じ職場に勤めていることが採用条件

 

 

看護師不足の背景もあり、採用されやすい状況ではありますが、しっかりとした自己アピールは行うべきです。特に転職回数が5回以上となれば、それなりに考えなければならないことがでてきます。

 

 

 

 

 

転職理由によっては採用する

最近の施設の傾向でも、転職回数が多くても、

 

転職理由によっては採用するという傾向があると言われています。

 

 

 

採用側にっては看護師の転職理由によって、どういう働き方をするのかをしてくれるのかをほぼ評価してしまうと言っても過言でないのです。

 

採用側にとっては3年以上は働いて欲しいものです。つまり3年以上は働いてくれる看護師という印象に残れば採用されることになります。

 

 

 

 

 

経験やスキルが高ければ問題ない

 

最初から看護師としての経験やスキルを磨いた看護師は有利になります。特に、具体的な成し遂げて成果があれば最高です。例えばリーダー等の責任あるポストを任せれたという経験があれば評価は高くなります。

 

 

 

 

結婚前に経験やスキルを高めておくは今後の看護師ライフにとっては重要になります。経験やスキルが高ければ、転職回数が多くなっても仕事で困ることはなくなることでしょう。

 

 

 

 

 

3年以上は、同じ職場に勤めていることが採用条件

 

転職回数は少ないことに越したことはありませんが、採用側とすれば、3年以上、同じ職場に勤めていることが採用条件にしたいとことです。

 

 

 

 

 

 

看護師不足もあり、厳しい基準で採用するという状況でないので、現状はやや看護師の転職には有利となっており看護師不足で当面は続くとお思われます。

 

 

 

将来はどうなるかわかりませんので、なるべく転職回数は多くしないようにしたいですね。

 

 

▲画面のTOPへ

なるべく転職回数を増やしたくないなら

 

 

看護師が転職をする際は、自分の働き方を考えた上で行うことが重要です。
やはり、働き方を考慮に入れた上で、より最適な決断を行うことです。

 

 

 

 

そのため、まずはあなたの理想とする働き方を想像してみましょう。
その結果、今の職場では実現できないかもしれません。

 

 

 

 

そいう場合に転職を考えると思います。ただ転職後に後悔してまた転職とならないようしたいものです。
転職回数が多くなりすぎれば、今後の転職が不利になります。

 

そのため考えておくべきことは自分の条件を明確にしてください。

 

 

 

 

人によっては、今の仕事が大変だから、別の職場に行きたいと思い、転職することもあります。
しかし、これでは曖昧な仕事探しになってしまいますので、注意するようにしましょう。

 

 

 

 

新しい仕事探しに成功している人は、しっかりと現状を把握した上で、
自分にとっての最適な職場を見つけています。

 

 

 

 

特に多いのが、もっと仕事の量を減らしたい、時間を減らしたいという場合です。
このような場合では、パートの求人を探したり、規模の小さいクリニックを探してみることです。

 

 

 

 

規模の大きな病院では、いつも忙しいと感じていても、
個人が経営しているクリニックの場合は、とても落ち着いて仕事ができることが多いのです。

 

 

 

 

もちろん、最終的には職場によって変わってくるので、その点だけは注意してください。
また、結婚をしたり妊娠、出産、育児などによって環境が変わりやすいと思います。

 

 

 

このような場合では、必然的に新しい働くスタイルを考えなければいけません。
そのため、できるだけ早いうちに考えておくことが成功の秘訣と言えるでしょう。

 

▲画面のTOPへ

看護師の転職の条件を決めるには

 

 

 

看護師の転職の条件は、なるべく妥協したくないものです。
しかし、そんなに上手くいくことは、ありませんが、ベターな方法はあります。

 

 

 

 

看護師の転職を条件を考えることと思いますが、譲れる条件も考えておくと良いでしょう。
転職活動の最初のうちは、妥協せずに希望にこだわっていきます。

 

 

 

それでなければ、譲れる条件を少しづつ譲っていくようにしていきます。

 

 

 

転職はタイミングなども関係をしてきますので、良い求人がたまたま見つかる場合も
あれば、なかなか見つからないという時期もあると思います。

 

 

 

 

そのため、目標を設定して、期限を決めて転職活動を行なうことがベターです。

 

 

 

期間は、長く取れる場合は、問題ありませんが、一般的には、
転職活動に許せる期間は存在していると思います。

 

 

 

 

その期間の中で、この辺りから少しづつ譲れるようにすると決めておくと良いでしょう。
ただ、公開求人では限界があると思います。

 

 

 

 

インターネットで検索して探したり、ハローワーク、求人雑誌などから
探すこととなりますが、これらは公開求人で、数も少なく、条件の良い求人が少ないのです。

 

 

 

 

そこで、非公開求人情報を得ることが大切になります。

非公開求人は、公開求人の約4倍近く存在し、条件の良い求人が豊富にあります。

 

 

 

 

この非公開求人を得ることが良い条件ので転職ができるかどうかに大きく左右をしてくることでしょう。

この非公開求人を得るには、看護師転職サイトを利用すると得ることができます。

 

 

 

 

利用は無料で利用でき、さらに専任の担当者が対応を
してくれますので、担当者にも希望を伝えておけば、求人を探してくれます。

 

 

看護師転職サイトを利用したほうが、良い条件で転職が可能になると言っていいでしょう。

 

▲画面のTOPへ

看護師が転職する際の長所と短所を知ろう

 

 

病院に勤める看護師が転職を希望する理由は様々ですが、
職場を変えても仕事に対する情熱を持ち続けている人は多いです。

 

 

 

 

しかしながら、やる気だけでなんとかなるとは限りませんので、

看護師が転職する際には長所と短所をしっかりと把握しておくことが必要です。

 

転職回数を増やさないためにも重要になります。

 

 

 

 

まず長所ですが、職場を選びなおすことで、自分の働きたい条件や環境に
合ったところに就けますし、情報を経験から整理することで病院の評判も冷静に見極められます。

 

 

 

 

また、医療現場では若さよりも、経験や実力が評価されます。

 

 

 

 

即戦力として期待されているので、職場が変わるディスアドバンテージも少ないですし、
仕事に関係ない離職歴などを気にされるケースもあまりありません。

 

 

 

一方、短所ですが、業務によっては働く時間が安定せず、
給与が高のか安いのか分かりにくいことです。

 

 

 

 

また、人手不足の業界のため、誰かがやめてしまったとき、その穴をカバーするために、
最初に約束した労働条件が変わってしまうこともあります。

 

 

 

 

このような実情を考慮して、転職をすれば、転職回数が多くなってしまうようなことにならないことでしょう。
つまり、不測の事態となっても許せる想定内となると思います。

 

 

 

そのようなことも前提において次を探すときは、

 

できる限り離職率の低い職場を見つけるのが良いです。

 

そしてそれには看護師転職サイトを利用するのがベストです。

▲画面のTOPへ

おすすめナース転職サイト


ナース人材バンク



非公開求人が豊富で、全国どこでも良い条件の求人を見つけることができます。ナースが転職利用することが多いことが特徴です。
全国で利用者は年間で約8万人の実績があります。17ヶ所の拠点から地域に根ざした活動から質の高い求人を得ることで良い転職が可能となっています。


求人数 対応エリア 評価
約210,000件以上 全国 看護師,転職,回数



看護のお仕事

看護のお仕事は、業界トップクラスのナースの転職サイトです。サービスがスタート開始してから長くはないものの後発組だからこその徹底した丁寧な対応が高く評価をされています。
もちろん求人数は豊富で、非公開求人の条件の良い求人も多いのですが、担当者の対応が親身になってナースの立場からの対応をしてくれることが特徴です。転職の相談に載って欲しいという方にはオススメしたい会社の一つです。

求人数 対応エリア 評価
約140,000件以上 全国 看護師,転職,回数



ナースパワー人材センター

全国に10拠点を有し、この拠点から地域に根ざした活動を展開し、10万人が利用する信頼・と実績のある看護婦求人サイトです。
担当者は、看護婦の立場になって丁寧な対応をしてくれ、転職の相談にものってくれます。ナースパワー人材センターは看護婦の職業紹介業としては、最も歴史のある会社です。


求人数 対応エリア 評価
約38,000件以上 全国 看護師,転職,回数



さらにランキングをチェックしたい方は

>>>ナース転職サイトランキングはこちらから<<<






ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 人気NOサイトは ナース転職サイトランキング 看護師の転職成功は