看護師 介護

看護師の介護施設の仕事は?

転職するナースが知っておかなければならない事

看護師の介護施設の仕事は?

メニュー

 

看護師の転職で、日勤や常勤での働き先の一つに介護施設があります。
高齢化に伴い、介護施設が増えていることもあり求人も多くなっています。

 

 

 

 

その理由に老人ホームなどの介護施設で医療的なケアが必要な方の受け入れが多くなっているからです。こいう状況から介護施設での求人が増えつつあります。

 

 

 

介護施設の種類と看護師の仕事の違いは?

 

介護施設には

 

  • 老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • 介護療養型医療施設
  • 民間の有料老人ホーム

 

 

ありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょう。

 

 

老人保健施設

 

病院での入院治療やリハビリの後、在宅復帰を目的として日常生活の介護や機能訓練、医療ケア、医師と連携して利用者さんのケア、24時間看護を行うため、夜勤もあり、療養病棟に近い勤務形態になります。

 

 

老人保健施設は、医師の在籍がなく、利用者は生活する場所としての目的としていますので看護師は健康管理を行います。

 

 

 

特別養護老人ホーム

 

看護師の仕事は、常時介護が必要で自宅での暮らしが困難な方の日常生活の介護や機能訓練など療養上のサポートをし在宅復帰を目指す仕事になります。

 

 

特別養護老人ホームは、医師の在籍があり、急時の呼び出し対応をすることになります。基本的には日勤ですが、夜勤はあります。

 

 

 

介護療養型医療施設

 

看護師の仕事は療養上の管理、介護、機能訓練やサポート介護施設の中で最も医療的ケアが手厚く、病状観察、服薬管理、経管栄養やカテーテル交換といった医療処置、施設内医師の診察の補助などになります。

 

 

介護療養型医療施設は、医師が在籍し他の介護施設と比べて医療が手厚い施設で、廃止は決定していますが先延ばしになっているのが現状です。

 

 

 

 

民間の有料老人ホーム

 

有料老人ホームには介護付、住宅型、健康型の3タイプがあります。施設によって違いがありますが看護師を設置、利用者の体調チェックや服薬管理、簡単な医療行為といった健康管理や、訪問診療の立ち会い、通院の付き添い、緊急時の対応となります。

 

 

 

民間運営のため方針はさまざまです。医師の在籍はありませんが、オンコールはあります。また勤務形態は日勤のみのところと夜勤もあるところがあります。

 

 

 

 

 

看護師の介護施設での仕事の内容は

 

 

介護施設での看護師の仕事は、医師の判断のもと介護施設に入居されている方の処置をします。具体的な仕事で多いことは、インスリンの摂取、血糖の測定、たんの吸引などを行ないます。場合によってはたんの吸引は、介護士が行うこともあるようです。

 

 

 

 

介護施設で働く場合に、心がけたいことに介護士と看護師、医師の連携体制です。役割分担をしっかりと認識して働きたですが、ある程度柔軟さも必要になります。

 

 

 

看護師は報告書や患者の家族に説明や同意を求めることも役割です。患者の家族とすると、万が一、患者が普段と様子が違ったとしても看護師がいれば安心できます。

 

 

 

 

このようなこともあり看護師の介護施設での需要は高くなってきています。

 

 

 

 

 

介護施設へ転職をしたい場合に、介護の求人は多くなっている状況です。

 

 

 

 

 

自分の希望に合う質の良い求人を見つけることが難しいと思います。
良い職場に就きたいのであれば、看護師求人サイトを利用することです。

 

 

 

 

看護師求人サイトでは、質の良い非公開求人情報を得ることができることと担当者が求人の提案をしてくれます。

 

 

 

 

 

さらに、担当者は職場の様子や内情、残業時間、人間関係、離職率などを把握していますので担当者に求人先についての疑問や質問ができます。納得するまで質問をすることが、間違いない職場に就くコツになります。

 

 

 

▲画面のTOPへ

介護施設での看護師として働く

 

 

介護施設での看護師の役割

 

介護施設での看護師の役割は、医師の判断のもと介護施設に入っている患者さんの処置をすることです。インスリンの摂取や血糖の測定などを行います。たんの吸引などは介護士の方が行うケースがあります。

 

 

 

介護施設では介護士と医師・看護師のチームワークが大切になります。役割分担や報告書、患者さんと家族に説明や同意を求めるのが看護師の仕事になります。万が一、普段と患者さんの様子が違った時でも看護師がいれば安心感が違いますよね。

 

 

 

 

 

介護施設では、命の危険を伴うようなことに出くわすことが比較的少ないのですが、老人とのコミュニケーションをしっかり取り、精神的なケアが必要となります。

 

 

 

さらに、病院のように医師から指示を受けるということでなく、介護職員に指示を出し

 

仕事を依頼するようになります。

 

 

 

介護士の仕事のサポートが必要となることもあります。

そのため状況を見て柔軟な対応が必要となるでしょう。

 

 

 

 

 

▲画面のTOPへ

看護師が介護関連施設へ転職する

 

 

 

 

仕事はほとんどが日勤にみの仕事になり、夜勤は避けたい人には、喜ばれています。反面、夜勤がない分、給与は低くなると思われます。(一部の施設では夜勤もあることもあります)

 

 

介護施設へ転職の際には

 

介護施設へ転職するなら、看護師求人サイトの利用がおすすめですが、

 

一般的に病院の求人が多いというサイトよりも介護施設に強みのあるサイトがあります。

 

 

介護施設に強みがあるサイトを利用するほうが、選択肢があり、条件的にも期待が持てると思います。

 

 

【看護師介護施設の強みのあるサイトは】

 

ナース人材バンク

 

ナース人材バンクを転職に利用する看護師は年間で8万人以上になります。人気の理由には、利用した看護師の80%が満足しています。

 

看護師の介護求人数106,219件

 

 

 

 

医療ワーカー

 

地域に密着した「医療WORKER」ならでは求人情報は毎日更新し最新の求人が多く得ることができます。サポートも丁寧と評判なサイトです。

 

看護師の介護求人数11,578件

 

 

 

看護roo

 

担当者は丁寧な対応で劣悪な環境の求人は一切載せないというこだわりがあります。豊富な求人を保有し評判の良いサイトの一つです。

 

看護師の介護求人数4137件

 

 

 

看護師の介護施設比較

 

サイト名 介護施設看護師求人数
ナース人材バンク 106,219件
医療ワーカー 11,578件
看護roo 4,137件
ナースフル 2,437件
看護のお仕事 2,284件
ナースではたらこ 243件
ナースジョブ 15件

 

看護師の介護施設の求人が豊富なサイトは、ナース人材バンクと医療ワーカーです。看護rooにかんしては特定地域に強いサイトで、関東・東海地方がエリアになっています。

 

 

おすすめのサイトは、ナース人材バンクと医療ワーカーになります。また非公開求人の提案も期待できますので、担当者へ希望や要望をしっかり伝えましょう。

 

 

 

▲画面のTOPへ

おすすめナース転職サイト


ナース人材バンク



非公開求人が豊富で、全国どこでも良い条件の求人を見つけることができます。ナースが転職利用することが多いことが特徴です。
全国で利用者は年間で約8万人の実績があります。17ヶ所の拠点から地域に根ざした活動から質の高い求人を得ることで良い転職が可能となっています。


求人数 対応エリア 評価
約210,000件以上 全国 看護師,介護



看護のお仕事

看護のお仕事は、業界トップクラスのナースの転職サイトです。サービスがスタート開始してから長くはないものの後発組だからこその徹底した丁寧な対応が高く評価をされています。
もちろん求人数は豊富で、非公開求人の条件の良い求人も多いのですが、担当者の対応が親身になってナースの立場からの対応をしてくれることが特徴です。転職の相談に載って欲しいという方にはオススメしたい会社の一つです。

求人数 対応エリア 評価
約140,000件以上 全国 看護師,介護



ナースパワー人材センター

全国に10拠点を有し、この拠点から地域に根ざした活動を展開し、10万人が利用する信頼・と実績のある看護婦求人サイトです。
担当者は、看護婦の立場になって丁寧な対応をしてくれ、転職の相談にものってくれます。ナースパワー人材センターは看護婦の職業紹介業としては、最も歴史のある会社です。


求人数 対応エリア 評価
約38,000件以上 全国 看護師,介護



さらにランキングをチェックしたい方は

>>>ナース転職サイトランキングはこちらから<<<






ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 人気NOサイトは ナース転職サイトランキング 看護師の転職成功は